Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

レイヤーを整理して制作作業を効率化する

2009.09.12

先日ハードディスクを交換するハメになったのですが、データのバックアップに5日かかってしまいました。
そのときに、バックアップが必要か(バックアップする意味があるのか)という、いつもよりちょっと厳しい目線で大量のデータを判別したのですが、その結果、PCの中は不要なファイルだらけだということを痛感しました。

僕は整理整頓が好きな性格なのでそんなに煩雑にはしていないつもりだったのですが、ハードディスクの大容量化に甘えていたということなのか、とりあえず急いで削除する必要もないから・・と残っているファイルが大量にありました。
最近は以前にも増して整理が好きになりつつある僕なので、今回のハードディスクの交換はむしろ良い機会だったようにも思えています。

整理整頓は爽快感がたまらない

近頃、いらないものを捨てたときの何とも言えない爽快感にハマっています。
掃除するのはいろんな意味でメリットがあるとは思いますが、一番はこの爽快感による精神衛生上のメリットなんじゃないかとも思えます。

以下には、この精神衛生上のメリット(爽快感)のための僕個人なりの仕事の進め方(というか超細かいスッキリ術のようなもの)を書くつもりなんですが、別に目新しい情報でも何でもない地味な話なんで、興味がなければここで離脱してください。

効率的な業務遂行のために整理整頓を

会社に入って制作の仕事をやっている人は、同僚が作ったデータを引き継いで編集することもよくあると思います。
僕も昔は制作会社で働いていましたし、今も外部の制作会社さんと連携してプロジェクトを進める機会がよくあります。

そんなときに、前任者が作ったデータがあまりにも煩雑だといろいろと効率が悪く無駄な時間を浪費してしまうことがあります。
これはデザインがごちゃごちゃしていて分かりづらいとかいう意味ではありません。
ファイル名にはじまり、フォルダの中に必要なファイルが無かったり、不要なファイルが紛れ込んでいたり。あとはPSDやPNGファイルのレイヤーの構造だとか。
ちなみに中身の話なのでお客さんには関係の無い話です。

編集する必要が今後発生しないレイヤーはグループごと結合する

フォルダやファイルの名前くらいだったらルールを決めている会社も多いでしょうし、それぞれの担当者レベルで整理整頓している人も多いと思います。
PSDのレイヤーをグループごとにまとめて整理している人も全然いると思います。というか普通は整理しているのかもしれません。レイヤーをグループ(フォルダ)にまとめるのは本当に便利ですもんね。昔のPhotoshopには無かった機能ですが、これが登場したときはまさに画期的に使い勝手が向上しました。

ただ、レイヤーをグループにまとめて、編集不要なものはグループごとロックしている人はいるんですが、これを一枚のレイヤーに結合しちゃっている人は今まで見たことがありません。(自分以外)

例えばWebサイトのデザインを作るとき、ヘッダー・フッター・メニューの部分なんかは全ページ共通なことも多いわけですが、こういう部分は最初に作った1ページ目で編集可能な状態にしておけば、その他のページでは編集可能にしておく必要がないですよね?であればグループごとに結合しちゃいましょう。
結合してしまえば、レイヤー数が減るのでスッキリして他の部分の編集がやりやすくなりますし、もちろんファイルも軽くなるという目に見える利点もあります。
その結果、仕事の効率があがってミスも減るとかのメリットが考えられますが、もちろん僕が思うに最大のメリットはこの爽快感(スッキリ感?)です。

後から変更になった場合に編集できないと困るという人もいるかもしれませんが、そういうときは、編集可能にしておいた最初の1ページ目に変更を反映させてそれを書き出せばいいだけですよね?

HTMLコーディングをする前に、画像の状態でクライアントに確認を取らなければいけない場合は、編集可能にしておいた最初の1ページを変更したら、そのレイヤーグループを持ってきて、また結合させて同じ位置に配置しておけばいいだけです。
別々のファイルにそれぞれ同じの編集を加えるよりも間違いが少なく手間もほとんど変わりません。プロフェッショナルの皆さんなら一瞬で終わることでしょう。

一応補足しておきますが、何か理由があるなら結合する必要はないです。もちろん。

不要なレイヤーは削除する

非表示にしているようないらないレイヤーがあれば削除しておきましょう。
例えばタイトルの装飾パターンを2つ作って自分の中でどちらを採用するか迷ってしまった場合とか、制作途中であれば、一応削除しないで非表示にしておく理由もあるとは思いますが、制作が完了してクライアントにもOKをもらった後であれば、補欠バージョンのレイヤーはもういらないですよね?であれば削除しましょう。
スッキリしてとてもいいです。

このファイルを後から別の人が編集する場面がもしかするとあるかもしれませんし、補欠なんかが隠れているのはややこしくて間違いの元です。

レイヤースタイルのカラーオーバーレイ

さらに細かい話なんですが(笑)、Photoshopのレイヤースタイルで、「カラーオーバーレイ」だけが適用されているレイヤーがあるんだったら、そのスタイルは結合させちゃったほうが気持ちいいですね。

その他のレイヤースタイル(ドロップシャドウとかグラデーションオーバーレイとか)は、あとから微妙な調整をしたり、レイヤースタイルのコピー・ペーストをしたりすることが多いのですが、カラーオーバーレイだけの場合は結合させても特に困ることってないですよね?たぶん。
まあ、さすがに僕もここまでは徹底してるわけじゃないんですが、余裕があるときはたまにやってます。

こんな細かい話を長々と書いてしまいましたが、最後まで読んでくれた皆さんありがとうございます。
それではまた。

Copyright © 2004-2017 Travelogue.

Pagetop