Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

xserverでMySQLのバージョンを5.0に変更する手順

少し前にWordPressのバージョン2.9がリリースされましたが、これに伴い、MySQLのバージョン4.1.2以上が必要になりました。
当サイトは現在はxserver(エックスサーバー)というレンタルサーバーを使って運営していますが、数年前にWordPressをインストールしたときのままMySQL4.0を使っていたため、この機会にMySQLのバージョンアップを行いました。

エックスサーバーでは一旦データベース等を削除してからでないと、MySQLバージョンの切り替えを行えないとのことで、以下の通りの手順で特に問題なくスムーズに完了しました。

  1. 現在のデータベース名、MySQLユーザー名、パスワードをメモしておく。
    分からない場合は、エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、【DATABASE>MySQL設定>MySQLの一覧】の画面でデータベース名、MySQLユーザー名を確認できる。
  2. エックスサーバーのサーバーパネル【DATABASE>phpmyadmin】をクリックし、上記1でメモしたMySQLユーザー名、パスワードを入力してphpmyadminにログイン。データベースのエクスポートを行う。
  3. 上記2以外にも、念のためのバックアップということで、サーバー上のファイルをFTPクライアントを使ってダウンロードして保存しておいたほうがいいかもしれません。
    ついでに、WordPressの管理画面【ツール>エクスポート】からも、エントリーのバックアップをとっておくことができます。簡単なのでやっておいて損はありません。
  4. エックスサーバーのサーバーパネル【DATABASE>MySQL設定>MySQLの一覧】の画面でデータベースを削除する。また、【DATABASE>MySQL設定>MySQLユーザの一覧】の画面でMySQLユーザーを削除する。
  5. 同サーバーパネル【DATABASE>MySQL Ver.切替】の画面を開き、MySQLをバージョン5.0に変更。変更が完了したら、【MySQL情報】を開き、「MySQL5 ホスト名」をメモする。
    例:mysql○○.xserver.jp
    ※○○は数字になっています。
  6. 同サーバーパネル【DATABASE>MySQL設定】から、MySQLデータベースとMySQLユーザーを追加。(手順はエックスサーバーのマニュアル参照
    このとき、データベース名、MySQLユーザー名、パスワードは、上記1でメモしたものと同じにする。また、データベース追加時に文字コードを選択できるので、UTF-8にする。
  7. phpmyadminにログインし、上記2でエクスポートしたデータのインポートを行う。
  8. FTPクライアントでサーバー上からwp-config.phpをダウンロードし、テキストエディタなどでデータベースサーバ(DB_HOST)の欄を書き換える。これまでは「localhost」となっていたところを、上記5でメモした「mysql○○.xserver.jp」に変更する。
    wp-config.phpをFTPでアップして上書き。

ブラウザでサイトを確認してみて、きちんと表示されていたら完了です。

Pagetop