Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

ボルネオ島・生き物特集

ここのところこのブログにずっと旅行の話ばかり書いてますが、またまた旅行の話です。(笑)
今年の7月にマレーシアのコタキナバルに行ってきました。コタキナバルというのはボルネオ島というところにある都市です。
ボルネオと言えばジャングル!ということで今回はボルネオ島で出会った生き物たちの写真をずらずらと載せていきます。

テングザル

テングザルコタキナバル旅行でまず外せないのはこの猿。テングザルと言います。見ての通り鼻がデカイので天狗っぽいです。
このボルネオ島にしかいない固有種なので、かなりレアな珍獣と言っていいと思います。鼻がでかくなるのはオスだけで、メスはわりと普通っぽい外見です。

カニクイザル

カニクイザルこちらはカニクイザルという猿です。こいつはボルネオ島だけの固有種ではありません。蟹も食べますが雑食だそうです。
テングザルがいるガラマ川の近くによくいますし、コタキナバルの中心部からちょっと離れた田舎のほうのビーチや、車に乗っているときに道路沿いでも見かけました。

ワニ

ワニなんと野生のワニです。こいつはまだ小さい子供ワニです。でも成長するとかなり大きくなるとか言ってたような気がします。
ガラマ川では水牛の大群が川の浅いところで水浴びしているのを見ました。日が暮れた頃で暗くて写真を撮れませんでしたが、暗闇の中に水牛のような大きな動物が群れを成す光景は迫力がありました。

オオトカゲ

オオトカゲジェッセルトンポイントから船でサピ島へ行ったときに見ました。島のジャングルのほうに行ってみるとこんなオオトカゲがウジャウジャいました。この写真だと分かりにくいですが相当デカイです。小さな怪獣のような迫力です。
オオトカゲは、ジェッセルトンポイントの船着場を泳いでいるのも見ましたし、ガラマ川でも見ました。
ちなみに、ジェッセルトンポイントではウミガメが泳いでいるのも見ましたが、突然のことで写真を撮れませんでした。

カメレオン???トカゲ???

カメレオン???トカゲ???こいつは何なのかよく分からないのですが、キナバル国立公園の熱帯雨林で見ました。結構大きくて、日本ではペットショップで売ってそうな外見。こいつに出会ったときはテンション上がりました。
他にも小さなトカゲやヤモリはよく見ましたが、日本にもいそうな外見なので写真は割愛します。

ヤスデ(ネッタイタマヤスデ)

ヤスデ(ネッタイタマヤスデ)かなり衝撃的な生き物でした。一体何なのか分からない外見ですが、ダンゴ虫のように丸くなっているところです。動き的にはダンゴ虫と同じように、身の危険を感じるとこのように丸くなり、しばらくすると元に戻って歩き始めます。この太さ・・・・・・。
普通に歩いているところも撮りたかったのでしばらく待っていたのですが、全然戻ってくれなくて結局諦めました。
ジャングルの中には他にも奇妙な昆虫がいましたが、苦手な人も多いと思うので写真は割愛します。

蝶熱帯雨林の中には蝶やら蛾やらが飛んでます。僕が見たなかで一番綺麗だったのがこいつです。他にもいろんな蝶や蛾がいましたが、日本にいる蛾みたいなのの写真を載せてもしょうがないので割愛。

ラフレシア

ラフレシア世界で一番大きな花として有名なラフレシアを見ることができました。知ってる人は知ってると思いますが、ラフレシアはいつ咲くか分からなくて開花も数日だけで、旅行中に見れる確率はかなり低いと言われているのですが、運よく見ることができました。
臭いという噂でしたが、全く匂いは感じませんでした。顔を近づければ分かるかもしれません。

今回はコタキナバル周辺しか行かなかったのですが、サンダカンとかのほうに行けばボルネオ象に遭遇する可能性のあるジャングルも近いようです。野生の象はぜひいつか見てみたいですね~。

Pagetop