Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

macbook pro(late 2011)購入記

macbook pro(late 2011)を買いました。
はるか大昔、Webの制作会社に会社勤めをしていた時代から独立した最初の頃まではmacをメインマシンとして仕事をしていたのですが、その後、最近まで何年かの間はwindowsをメインにしていました。
が、そろそろ気分転換的な感じでまたmacメインに戻ってみようかなと。

macbook airの場合

macbook airimacかmacbook proかmacbook airかかなり迷いました。
そもそも気分転換目的ということで、macのカッコよさで自分の仕事テンションを上げていきたいというのが最大の目的なわけですので、macbook airのあのカッコよさはかなり魅力でした。
昨年iphone4が出たときにはじめてiphoneを買って手にしたときのあの喜び・・・。
どこを探しても隙がないあのデザイン。いじっているだけでなんかテンションがあがってくるような・・・近頃のappleの製品には他社の追随を全く寄せつけない凄さを感じます。

しかしながらmacbook airだと、仕事でメインに使うには若干頼りないような気もしなくもない。というかおそらく十分な能力はあるのだろうけれど、それまで使っていたwindowsのマシンと比較してそれほど劇的なランクアップが見込めないような。

それと、macbook airはやはり外に持ち運ぶことを前提に考えられているっぽいので、その薄さと軽さはいいのですが、有線のLANケーブルの穴がないとか(USBに変換して接続することは可能)、CDを入れるとこがないとか、外に持ち出さないで仕事場でじっくりメインマシンにするのはちょっと違うような気もしました。

ちなみに画面の大きさとか解像度については、もともと持っているEIZOのモニタにつないでノートの画面とデュアルモニタにして作業するつもりだったのであまり重要視しませんでした。

imacの場合

imac持ち運ぶことを考えないならimacがおそらくスペックや価格面で一番妥当なのかもしれません。
が、気になるのはこいつはやたら背が高いということ。画面の一番下のところが上すぎませんか?しかも高さ調節ができない。

モニタの高さは斜め下を見るくらいのほうが自分には合っていると思うので、このimacの高さの画面を一日中見続けるのは目が疲れるような気がして微妙でした。(試したわけではないのでただの予想ですが)

また、imacは画面がデカイのはいいのですが、前述の通りもともと持っているモニタがあったので、画面がデカイことは自分にとってはそれほど魅力ではありませんでした。
imacの隣りに外部ディスプレイを並べてデュアルモニタにするというのは、自分の用途から考えると、さすがに無駄にでかすぎるというかあまり意味がなさそう。
さらに、あまりドドドカ~~ン!!!とデスクの上を占領されるのは、見た目の印象がなんか好きじゃないので避けたい。

macbook proの場合

macbook proそこでmacbook proです。
このマシンは上に書いた2つの機種において僕が気になる点をすべて解消してくれています。
さらにここが重要な点ですが、ああだこうだ迷っているときになんと新しくグレードが上がったモデルが10月末に発売されたのです。これは買いたいテンションが上がります。
かなり地味なグレードアップだったのですが、逆に言うなら安定性は信頼できそう。初期不良とか修理の心配が低そうで良いです。

まだ完全には移行が済んでなくて環境が整っていないので本格的に使い始めてはいない状況ですが、とりあえずちょこちょこ使ってみて最初に驚くのはこのトラックパッドの便利さです。
右クリック的なことってどうやるのかな?と思いつつ最初はcontrol押しながらクリックしてたのですが、ふと調べてみると、なんと二本指でクリック!(環境設定で変更すれば右下隅のクリックに変更可)
ブラウザでネット閲覧中に、二本指でスワイプして前ページに戻る動作はメチャクチャ快適です。
他にも二本指や三本指での操作性には驚くべきものがあります。

はやく完全に移行をすませて、デスク周りをすっきりさせたい今日この頃。

Pagetop