Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

WordPressサイトを「メンテナンス中」にするプラグイン。Maintenance Mode

WordPressで構築したサイトを一時的に「メンテナンス中」とかにして外部の人が閲覧できなくしておけるプラグインをご紹介します。
サイトを運用していればこういうのが必要になる機会はときどきあるものですが、プラグインでここまで簡単にできてしまうWordPressはさすがです。

メンテナンス中にサイトにアクセスすると表示される画面

インストール

プラグインをインストールして有効化します。
インストールは管理画面メニュー「プラグイン>新規追加」のページで、「Maintenance Mode」と検索するとでてくると思います。これをそのままインストール・有効化するのが簡単です。

有効化しただけではまだメンテナンス中にはなっていません。
管理画面メニュー「設定>Maintenance Mode」で必要項目の設定を行います。
とりあえず何でもよければ、一番上の「メンテナンスモードを使用/停止する」というボックスで「使用」のラジオボタンにチェックして保存ボタンを押せばOKです。これで外部からはサイトがメンテナンス中になって見れなくなってるはずです。(管理画面にログイン中のままだと見れます。※後述)

設定は簡単

Maintenance Mode設定画面

設定画面も日本語なので特に難しいことはありません。
終了日時では日付を入力できますが、これは単に画面に表示するためだけのものであって、この日時になると自動的にメンテナンス中が解除されるわけではないので注意。
この日時になると「プレースホルダ [until] (予定日時を超過している場合):」の欄に入力した文言が表示されるようになります。

メンテナンス中を解除する場合は「メンテナンスモードを使用/停止する」で「停止」のラジオボタンにチェックして保存ボタンを押します。

ユーザー権限でアクセスを制限

管理画面にログインしている状態のブラウザなら普通にサイトを閲覧できます。このため、メンテナンス作業は普通にサイトを確認しながらできるのでとても便利。
このとき閲覧可能になるユーザー権限については、管理画面の「ブログのフロントエンドへのアクセス権限i (役割):」のプルダウンメニューで設定できます。例えば管理者権限ユーザーでログインしていればサイトを閲覧できるが、寄稿者権限ユーザーの場合はログインしていても閲覧不可にするなどが可能です。

さらに、メンテナンスの最中の管理画面へのログインもユーザー権限ごとに制限できます。
「管理/バックエンドへのアクセスは、次の権限 (役割) に限定する:」というプルダウンメニューで設定します。管理者権限のユーザーのみが管理画面にログインできて、その他のユーザーはログインできない状態にすることなどが可能です。

Copyright © 2004-2017 Travelogue.

Pagetop