Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

WordPressのセルフピンバックを停止するプラグイン。No Self Pings

WordPressのピンバックは、WordPressの設定の状態によっては、自分のブログの中のエントリー間でリンクしたときにも送信される仕様になっています。
例えば、当ブログでは旅行記を前編や後編に分けて投稿することがありますが、後編の記事の中で「前編はこちら」というリンクを貼ると「前編のエントリー」宛てにピンバックが送信されたことになり、管理者(自分)へメール通知も来ます。

管理画面で承認せずに削除すればいいのですが、いちいち自分にメールがくるのも鬱陶しいですよね。そんなときに役立つプラグインがNo Self Pingsです。

ピンバックとは

WordPressにはピンバックという機能があります。これは、トラックバックに似たものですが、トラックバックが手動で送信されるのに対し、ピンバックは自動で送信されます。
目的はトラックバックもピンバックも似たようなもので、別々のブログ(エントリー)間で同じ内容について言及しているとき等に、双方のブログからリンクしあってユーザーが行き来できるようにするものです。

ピンバックが送信される設定

前述の、自分宛てにもピンバックが送られてくる設定について確認ですが、管理画面左メニューの「設定>ディスカッション」画面で、

  • この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる
  • 他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける

の両方にチェックが入っているときです。

「設定>ディスカッション」画面

「他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける」
については、個別の投稿の編集画面の「ディスカッション」ボックスで

  • このページで トラックバックとピンバックを許可する。

のチェックのオン・オフで個別の投稿ごとに切り替えることも可能です。

投稿の編集画面の「ディスカッション」ボックス

そもそもこれらの機能を使わない場合は、下記で紹介するプラグインを導入する以前に上記設定項目をオフにすればOKです。

No Self Pingsプラグイン

外部サイトに対してはピンバックの機能を有効にしておき、自分のサイト内でのピンバックは送信されないようにしたい場合には、No Self Pingsプラグインを導入する方法があります。

方法は、通常のプラグインと同様に、管理画面左メニューの「プラグイン>新規追加」画面でNo Self Pingsと検索、インストール、有効化します。
このプラグインは設定項目がありませんので、有効化すれば完了です。
有効化したら念のため実験してみると安心ですね。

Pagetop