Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

過去のエントリーの中から自動的にツイートしてくれるWordPressプラグイン。Tweet old post

Tweet old postは過去のエントリーを自動的にツイートしてくれるWordPressプラグインです。
投稿してから経過している日数の範囲を設定したり、ツイートする際に文言を付与することも可能です。
日記のようなブログだったらあまり利用価値はないかもしれませんが、サイトの種類によっては有用なプラグインになるかと思います。

設定前の注意点

管理画面左メニュー「プラグイン>新規追加」画面でと検索し、インストール・有効化します。

【Sign in with Twitter】ボタンはまだ押さない

有効化すると、管理画面左メニューにTweet Old Postというメニューが出てきます。
このプラグインはTwitterのアカウントを認証させる必要がありますが、最初に認証ボタン【Sign in with Twitter】を押してしまうと正常に認証が完了しないようです。
まずはじめに画面一番下の【Update Tweet Old Post Options】ボタンを押します。このとき、各設定項目の入力は後でいいので、まずは何も変更せずにデフォルトのままボタンを押します。

【Update Tweet Old Post Options】ボタンを押す

Tweet Old Post Options Updated.のメッセージが表示されたら次にTwitterアカウントを認証します。
画面上部の【Sign in with Twitter】ボタンを押して認証を進めます。

次に【Sign in with Twitter】ボタンを押して認証を進める

Your account has been authorized.のメッセージが表示されたらOKです。

認証完了

Tweet old postプラグインの設定

次にプラグインの設定項目を確認していきましょう。

Tweet old postプラグインの設定画面

いくつか抜粋して解説します。

  • Additional Text
    ツイートするときに追加する文言
  • Additional Text At
    ツイートの最初に追加するか、最後に追加するか
  • Include Link
    記事へのリンクを追加する
  • Use URL shortner?
    短縮URLを使用する
  • Minimum interval between tweets
    ツイートする間隔
  • Minimum age of post to be eligible for tweet
    この日数を経過している記事の中からツイートする
  • Maximum age of post to be eligible for tweet
    この日数以上経過している記事はツイートしない ※0または空欄にしておけば、制限日数なし

設定できたら、【Update Tweet Old Post Options】ボタンを押して保存します。
【Tweet Now】ボタンを押すとすぐにツイートされます。

Pagetop