Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

ワードプレスのリビジョンの保存数に上限を設定しておけるプラグイン。Revision Control

ワードプレスのリビジョンを一気に全部削除してスッキリするプラグイン「Better Delete Revision」については以前のエントリーで紹介しました。
今回はこのリビジョンの保存数を制限するプラグイン「Revision Control」を紹介します。

Revision Controlとは

リビジョンはワードプレスのデフォルトの状態だと無制限に溜まっていきます。
管理画面上で時間を書けて記事を編集・投稿している人や、一度投稿した記事を何度も更新する人の場合、気がついたらリビジョンのボックスの一覧がスゴい数になっていたということはよくあることでしょう。

リビジョンの機能自体は、それを有効活用している人にとっては、とても便利な機能です。ただし前述のように際限なくたまっていくとデータベースを圧迫してしまいます。
そんなとき活躍しそうなのが今回紹介するRevision Controlです。これを使えばリビジョンの保存数に上限を設定することができるので、データベースを圧迫する心配も不要になるでしょう。

Revision Controlのインストールと有効化

インストールは通常通り、管理画面の左メニュー「プラグイン>新規追加」でRevision Controlと検索し、そのままインストールと有効化を行います。
プラグインのインストールに慣れていない人は以下を参考にしてください。

Revision Controlの設定画面

Revision Controlの設定画面

有効化すると、管理画面の左メニュー「設定>リビジョン」の画面から設定を行うことがでます。
設定画面はシンプルですし日本語なので簡単です。
投稿、固定ページそれぞれに対し、リビジョン保存数の上限をプルダウンから選択します。
無制限のままにしておくことも、保存を全く行わなくすることも可能です。

その下のテキストエリアでは、上のプルダウンに表示する数字の選択肢を変更することができますが、そこまでこだわらないならこの設定を変更する必要は無いでしょう。

記事の編集画面からもリビジョン数を指定できる。

記事編集画面の「Post Revisions」ボックス

Revision Controlを有効化すると、記事編集画面の「リビジョン」のボックスが「Post Revisions」に変わります。
このボックスからはリビジョンの復元ももちろんできますが、個別にリビジョンを削除することも可能です。これが意外と便利かもしれないですね。

ボックス右下のプルダウンからは、それぞれの記事ごとに、リビジョン上限を指定することもできます。
ここまで細かい設定が可能というのもすごいですね。普通のブログなら管理画面からの一括指定で十分ではないかと思いますけどね。(^_^;)

Pagetop