Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

ディスクリプションとキーワードを個別に入力するためのシンプルなWordPressプラグイン。Meta Manager

WordPressのSEOプラグインと言えばAll in one seo packが有名で僕もよく使わせてもらってますが、このプラグインは高機能なだけに設定項目が多くて初心者にはちょっと意味不明なんじゃないかなと思います。
クライアントのサイト等では特に、もっとシンプルで初心者にも分かりやすいプラグインのほうが好ましいこともあるでしょう。

Meta Managerは、メタタグのディスクリプションとキーワードを記事ごとに入力することのみに機能が絞られたプラグインです。
このシンプルさなら初心者でもすぐに理解できることと思いますので、クライアントにも分かりやすく、それを説明する制作者にとってもありがたいプラグインです。

Meta Managerのインストール

インストールは通常通り、WordPress管理画面にログインし、左メニュー「プラグイン>新規追加」からと検索します。該当するプラグインが表示されたら、そのままインストールと有効化を行います。
プラグインのインストールに慣れてない人は以下のエントリーを参考にしてください。

Meta Managerの設定画面

有効化するとWordPress管理画面の左メニュー「設定>Meta Manager」の画面から設定が行えます。
下の画像の通り設定項目は非常に少なくシンプルで、さらに日本語なので分かりやすいです。

Meta Managerの設定画面
  • 共通キーワード
    全ページに共通で表示するメタのキーワードです。
    各エントリーに個別に入力したキーワードとあわせて表示されます。
    各エントリーの個別キーワードに何も入力しなければ、この共通キーワードだけが表示されます。
    「キーワード1,キーワード2,キーワード3」のように、半角コンマで区切って入力します。
  • 基本ディスクリプション
    全ページ共通のディスクリプションです。
    各エントリー個別にディスクリプションを入力した場合は、この共通ディスクリプションは表示されません。
  • 記事のキーワードに含める分類
    各エントリー個別ページにおいて、カテゴリー名、タグ名を投稿記事のキーワードに含めるかどうかをチェックします。
  • 記事のメタディスクリプション
    「抜粋を記事のディスクリプションとして利用する」にチェックを入れると、各エントリーの抜粋欄に入力してある文章が自動的にディスクリプションになるので便利です。
    抜粋欄に何も入力していない場合は、本文の最初のほうの文章を自動的に抜き出してディスクリプションに利用してくれます。いちいちディスクリプションを入力するのが面倒な場合はとても便利な機能ですね。
  • タクソノミーのメタキーワード
    「分類名をキーワードに含める」にチェックを入れると、例えばカテゴリ一覧ページでは、そのカテゴリ名を自動的にメタキーワードに追加してくれます。

また、投稿の編集画面には以下のように「メタ情報」というボックスが表示されますので、投稿ごとにキーワードとディスクリプションを入力することができます。

投稿の編集画面「メタ情報」ボックス
Pagetop