Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

フィリピン・ルソン島旅行記。ビガン滞在編

フィリピン・ルソン島北部の世界遺産を巡る旅行記シリーズ。

今回はビガン滞在編です。

ビガン歴史都市

あまり先を急ぐのもどうかと思い、一応ビガンには二泊しました。
ただ、ビガンの見どころは正直多くはありません。一泊でも十分かと思います。

夜のビガン歴史都市

世界遺産として保存されている通りは一本だけで、昼と夜に一回ずつ通ったら十分でしょう。
この通りには食事する店もあまり多くないです。街並み自体が世界遺産なだけに店を作るのも制限されてるのでしょうか?

待機中のカレッサ(馬車)

この通りは車は入ってこれなくなっていて、代わりにカレッサという観光客用の馬車がウロウロしてます。
カレッサは大聖堂のあたりにかなりたくさん待機してます。
僕は二泊したため時間があり余ってたので、カレッサに頼んで周辺の見どころを案内してもらいました。
ただ、はっきり言って乗らなくても後悔はしないかも?

昼のビガン歴史都市

ビガンのパブリックマーケットの向こうにあるバスターミナルから長距離バスでバギオに行きます。
前日に予約しようと思って行ってみたところ、予約は受け付けてなくて、バギオ行きのバスは本数がたくさんあるようでした。
というわけで翌日は適当な時間にバスターミナルへ向かい、ビガンをあとにしました。

続きを書きました:フィリピン・ルソン島旅行記。バギオ滞在編

Pagetop