Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

長生きインコのペコちゃん

僕の仙台の実家にはもう10年以上も生きているインコのペコちゃんがいます。
震災のときもたくましく生き抜き、1年ほど前には老衰でだいぶ弱ってきた時期があったのに、動物病院に通院して看護したら復活したまるでフェニックスのようなインコです。

手元にこれしか写真が無かったのですが、右奥にぼんやり写っているインコがペコちゃん。

長生きインコのペコちゃん

そんなペコちゃん、鳥かごには止まり木もあるのですが、飲水が入っている容器の縁にとまっていることが多いようです。
ある日、うちの家族が鳥かごを持ち上げてちょっと移動させた際、その揺れでなんと頭から水の中に落ちてしまいました!

これまでもほぼ毎日同じように鳥かごを移動させていたのですが、さすがにそろそろご老体で弱った脚力ではその揺れにふんばって耐えることができなくなってきているのかもしれません。
しかも翼をバタバタさせて起き上がるとか、そういう運動能力も落ちているのかも?

うちの家族は最初は普通に水を飲んだり水浴びしたりしているのかと思ったらしいですが、なかなか顔を上げないのでこれはおかしいと思い引き上げたところ、なんと!白目をむいて気絶している状態!!
鳥って気絶するんだ・・・しかも人間みたいに白目になるんだ・・・というのもビックリですが、笑い事じゃありません。

「ペコちゃん!ペコちゃん!」と呼びかけて体を揺らしていると、わりとすぐに気が付いて一命を取り留めたそうです。
またしてもペコちゃんがフェニックスぶりを発揮。

それにしても、ペットの世話は、何気ない行動に思わぬ危険が潜んでいることもあり、気をつけてあげたいものです。

Pagetop