Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

投稿編集画面の表示項目カスタマイズや、リビジョン機能を停止できるプラグイン。WP-CMS Post Control

WP-CMS Post Controlは投稿と固定ページの編集画面で、各種ボックスやボタンの表示・非表示を設定するプラグインです。
ユーザー権限ごとに、例えば「カテゴリ」ボックスやメディアアップロードボタンを非表示にすることができます。
このとき、非表示にしたボックスは標準機能の「表示オプション」にも表示されなくなります。
また、自動保存やリビジョンの機能を無効にしたり、リビジョンの上限数を設定することもできます。

WP-CMS Post Controlのインストール

インストールは管理画面上で可能です。
WordPressにログインし、「プラグイン>新規追加」の検索フォームでWP-CMS Post Controlと検索します。
該当のプラグインが表示されたらインストールと有効化を行います。
プラグインのインストールに慣れていない人は以下のエントリーを参考にしてください。

WP-CMS Post Controlの設定

有効化すると「設定>Post Control」および「設定>Post Control Core」の画面から設定が可能になります。
「Post Control」画面では投稿・固定ページ画面の表示項目をユーザー権限ごとにカスタマイズします。
最初は全部のチェックが外れた状態になっていますので、非表示にするもののチェックを入れます。
例えば、管理者権限でログインしているユーザーのとき、投稿編集画面から「カテゴリー」というボックスを非表示にしたいときは「Post Controls」セクションの「Categories」という行において、「Administrator」にチェックを入れます。

「Post Control」画面

「Advanced Controls」セクションで、「Remove media upload」にチェックを入れたユーザー権限では本文入力欄の上に表示される「メディアを追加」というボタンが非表示になります。
また、「Remove word count」にチェックを入れたユーザー権限では、本文入力欄の下に表示されている「文字数のカウント」を非表示にすることも可能です。
どういった場合に文字カウントを非表示にする必要が生じるのかはちょっと分かりませんが。。

自動保存・リビジョン機能の停止

「設定>Post Control Core」画面では自動保存とリビジョン機能の設定を行うことができます。
Core WordPress publishing functionsセクションで「Disable Autosave」にチェックを入れると自動保存が無効になり、「Disable Revisions」にチェックを入れるとリビジョン機能が無効になります。

「設定>Post Control Core」画面

なお、ここに「existing revisions will be kept.」(存在するリビジョンは保持される)とありますので、既に存在しているリビジョンも全部消してスッキリしたい場合はを利用するといいでしょう。

Limit revisionsセクションではリビジョンの保存上限数を設定します。
最初はNo limit(上限無し)になっていますので、プルダウンから選択しSave Post Control optionsボタンを押して保存します。

動作確認したプラグインのバージョン:WP-CMS Post Control 2.81

Pagetop