Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

用意しておいたテンプレート記事を複製してスピーディーにエントリーを投稿できるプラグイン。Duplicate Post

Duplicate Postは記事を複製するプラグインです。投稿する記事が毎回ある程度決まった形になっている場合に便利。
本文の見出し等の構造がいつも同じ流れになっている場合は定型文にできますし、本文以外の各種入力内容もテンプレート的な記事を作っておくような使い方も可能です。
シンプルなので使いやすいと思います。

Duplicate Postのインストール

インストールはWordPress管理画面内から直接行うことが可能です。
ログインしたら左メニュー「プラグイン>新規追加」でDuplicate Postと検索します。該当するプラグインが表示されたらインストールと有効化を行います。
プラグインのインストールに慣れていない人は以下のエントリーを参考にしてください。

Duplicate Postの設定

プラグインを有効化すると左メニュー「設定>Duplicate Post」からこのプラグインの設定が可能になります。

Duplicate Postの設定

一部の項目のみ日本語で表示されてるものもありますが、英語の部分だけ簡単に解説します。

  • Copy post/page status
    投稿のステータス(下書き、公開、レビュー待ち)もコピーする場合はチェックを入れる。
  • Copy excerpt
    抜粋欄の文章もコピーする場合はチェックを入れる。
  • Copy attachments
    添付ファイル設定もコピーする場合はチェックを入れる。
  • Copy children
    子ページもコピーする場合はチェックを入れる。
  • Do not copy these taxonomies
    コピーしたくないタクソノミーにチェックを入れる。
  • Title suffix
    タイトルの接尾語として何か追加する場合は入力する。
  • Roles allowed to copy
    コピーする操作が可能になるユーザー権限にチェックを入れる。
  • Show links in
    コピーするためのメニュー項目の表示場所にチェックを入れる。(投稿一覧ページ、記事編集画面、管理者バー)

Duplicate Postの使い方

上の設定画面の一番下「Show links in」でチェックを入れた場所にコピーするためのメニュー項目が表示されます。
投稿一覧ページでは下のようにマウスポインタを乗せたときに「Clone」「New Draft」が表示されます。
Cloneは、その記事を複製したものが一覧画面に表示され、New Draftは記事の編集画面に移動します。

投稿一覧ページ

記事編集画面では下のように「新規下書きとしてコピー」というメニュー項目が表示されます。
これをクリックするとコピーした記事(コピー元ではなく)の編集画面へ移動します。

記事編集画面

管理者バーでは下のように「投稿の編集>新規下書きとしてコピー」というメニュー項目が追加されます。
これをクリックすると複製記事の編集画面へ移動します。
ちなみにこの管理者バー上のメニュー項目はWordPress管理画面内では表示されませんが、ログインしたままサイトを閲覧したときに表示されます。

管理者バー

動作確認を行ったバージョン:WordPress3.8、Duplicate Post2.4.1

Pagetop