Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

過去記事のアイキャッチ画像を一括でリサイズできるプラグイン「Regenerate Thumbnails」

Regenerate Thumbnailsは、アップしてある画像をリサイズできるプラグインです。
特に、アイキャッチ画像をリサイズして再作成できるのはとても使い勝手が良いです。

長期に渡って運用しているブログでは、デザインをリニューアルすることもあるでしょう。
デザインの変更に伴い、アイキャッチ画像のサイズも変更になることがあります。

ちなみに、アイキャッチ画像サイズおよび管理画面の【設定>メディア】で指定してある各種サイズの画像は、画像の元ファイルをアップしたタイミングで生成されます。
そのため、画像サイズの指定を設定変更しても、過去記事の画像についてはリサイズされずそのままです。

記事数が少数であれば手作業で画像をもう一度アップロードして対応してもたいして手間はかからないかもしれません。
しかし記事数が多いサイトでは過去記事のアイキャッチ画像をどうするかが問題となります。
CSSで無理矢理表示サイズを合わせてしまうという手もありますが、手間をかけず一括でリサイズされた画像を再作成できるならそれにこしたことはありません。
ここで紹介するRegenerate Thumbnailsはそれが可能になるプラグインというわけです。

Regenerate Thumbnailsのインストールと有効化

インストールは管理画面から可能です。
管理画面【プラグイン>新規追加】でRegenerate Thumbnailsと検索し、そのままインストールと有効化を行います。
慣れていない人は以下の記事を参考にしてください。

Regenerate Thumbnailsの使い方

まず、アイキャッチ画像のサイズを変更する場合はfunctions.php上の指定を変更しておいてください。
本文に挿入する画像のサイズを変更する場合は【設定>メディア】の画面で指定値を変更しておいてください。

ちなみに、【設定>メディア】の画面で指定値を変更しても、各記事内容を変更してくれるわけではありませんので、過去の各記事本文内に挿入してある画像はそのままです。古いサイズの画像ファイルもサーバー上に残っています。
過去の各記事に挿入してある画像を変更したい場合はそれぞれの記事を編集してひとつひとつ画像を差し替えていく必要があります。
※アイキャッチ画像についてはテンプレートファイル上から一括して呼び出されているものなので各記事ひとつひとつに対する操作は不要です。

あとは、管理画面【ツール>Regen. Thumbnails】の画面で「Regenerate All Thumbnails」ボタンを押せば一括で画像を再作成してくれます。
画像が大量の場合は時間がかかります。進捗状況がメーターで表示されます。

【ツール>Regen. Thumbnails】の画面

また、管理画面【メディア>ライブラリ】の一覧画面で個別に画像を再作成することも可能です。

【メディア>ライブラリ】の画面

今回動作確認を行ったバージョン:WordPress3.9.1、Regenerate Thumbnails2.2.4

Pagetop