Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

CPIでWordPressに入力した日本語文字が消えるときの解決方法

CPI(レンタルサーバー)でWordPressを扱うときの注意点を自分で忘れないように書いときます。
レンタルサーバーによる仕様の違いというのは、よほど頻繁に扱うサーバーでもないかぎり結構忘れがちで、それを忘れてると無駄な時間がかかったりするんですよね。。。

結論を先に書くと、CPIレンタルサーバーではデフォルトで文字コードがEUC-JPになってるらしく、WordPressを使うときは、php.iniファイルを同フォルダ内に設置して文字コードをUTF-8に変更する必要があります

で、今回まんまとこれを忘れてたら以下のようになりました。

WordPress本体システムを手動でアップグレードした。
アップグレード自体は特に問題なく普通に完了したが、その後に管理画面の動作を確認していると妙な不具合が発生していた。
投稿の編集画面でタイトルや本文に日本語を入力して保存(公開や下書き保存)ボタンを押すと、入力した日本語が消えてなくなってしまうという現象。

日本語だけを入力していれば欄は完全に空欄になる。英語(半角)は大丈夫。
WP Multibyte Patchあたりを最新のものに更新しても解決せず。
その他のプラグインを更新したり無効化したりしても同じ。

そんなとき運良く発見したのが以下のページ。

上記URLの中の「4.php.ini ファイルの作成・アップロード」あたりを参照すると詳しく書いてあります。
おおまかな手順はCPIのコントロールパネルにログインし、お客様情報ページからphp.ini設定情報をコピーしてきてファイルを作成・編集し、自分のサーバーにアップする流れ。

実際にやってみたところ無事解決。

Pagetop