Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

WordPressプラグインEasing Slider “Lite”はシンプルなので簡単にスライドショー作成できて便利

Easing Slider “Lite”はスライドショー作成用プラグイン。
機能がシンプルなので管理画面も使いやすく、画像にリンクを設定することもできて便利。
プラグインのインストール・有効化済み、テンプレートファイルへのコード記入も済んでいる前提で、管理画面上の使い方だけ解説します。

Easing Slider “Lite”の設定画面

管理画面>Slideshowのページからスライドショーを作成できます。
まずは右サイドにあるManage Slidesボックスで【Add Images】ボタンを押して画像をアップします。

【Add Images】ボタンを押して画像をアップ

アップすると画面中央に画像のサムネイルが表示されます。
スライドショーの順番はこのサムネイルをドラッグドロップして変更できます。

スライドショーの順番はこのサムネイルをドラッグドロップして変更

画像ごとの設定

サムネイルをクリックして各画像のリンク先等を設定します。

画像ごとの設定
  • Link URL
    画像をクリックしたときのリンク先URLを入力。リンクしなくていいなら空欄のまま。
    その下のプルダウンではリンクを別ウィンドウで開くか、同じウィンドウで開くかを選択。
  • Title
    画像のimgタグに設定するtitle属性を入力。
  • Alt Text
    画像のimgタグに設定するalt属性を入力。

スライドショーの設定

右側に並んでいるボックスではスライドショーの設定が可能です。

スライドショーの設定
  • Dimensions
    スライドショーの大きさの設定。Width(横)とHeight(縦)をピクセル単位で入力。レスポンシブデザインの場合はその下の「Make this slideshow responsive.」にチェックを入れる。
  • Transitions
    Effectはスライドするときの動き。Slideなら右にスライドし、Fadeはだんだん透明になって次の画像に切り替わる。Durationはスピードの設定を数値で入力。
  • Next & Previous Arrows
    次へ、前へ、の矢印ボタンの設定。Arrowsは表示するかどうか。Enableは表示する。Disableは表示しない。On Hoverはホバー(マウスオーバー)に表示するスタイルにするかどうか。このOn Hoverは、ArrowsをEnableにしてるときだけ表示されるようです。
    Positionは矢印の位置。Insideは画像上でOutsideは画像の外側に表示する。
  • Pagination Icons
    複数枚の画像をスライドショーにする場合、そのスライドショーには何枚の画像が含まれ、現在表示中の画像が何番目なのかが分かりやすくなる。丸い形の画像が並んで表現される。
    Paginationは表示するかどうかの設定。On Hoverはホバー時に表示するスタイルにするかどうかの設定。Positonは位置の設定。画像上か画像の外側かを選択し、さらにその上下左右の位置をプルダウンから選ぶ。
  • Automatic Playback
    スライドショーを自動で動かすかどうかの設定。

設定を変更したら必ず画面下の【Save Slideshow】ボタンを押して保存します。
このボタンがちょっと離れたところに表示されているのでわかりにくいかもしれません。

今回動作確認したバージョン:WordPress4.0、Easing Slider “Lite”2.1.4.3

Pagetop