Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

超初心者ゴルフコースデビューでフィリピン旅行

先週末の3連休にフィリピンへゴルフ旅行に行きました。
海外2泊3日という短期スケジュール。ここまで短い海外旅行は初めての経験です。

金曜深夜初の飛行機で現地時間を確保

航空会社はフィリピン航空。
金曜は普通に仕事をして、深夜1時過ぎに羽田から出発。翌朝5時過ぎにマニラへ到着。
帰りは月曜(祝日)の夕方18時過ぎにマニラを出発して羽田には夜24時前後に到着。
これなら、2泊3日とは言え、現地の滞在時間はそれなりに確保できるので会社員の人でも有給とらずに海外旅行しやすいんじゃないかと思います。ちなみに会社員の友人と一緒に行きました。

今回がゴルフコースデビュー

ゴルフは超初心者で、ゴルフコースに出るのはなんと今回が初めて!
昨年まではゴルフクラブをまともに握ったことも無かった僕ですが、機会があって昨年は何度か練習場(打ちっぱなし)に行っていました。

このゴルフ旅行が決まってからはさすがにヤバいと12月は週1ペースで練習場に通い、とりあえずボールが前に飛ぶ確率が高くなってきたので、なんとかなるだろう!とはりきって今回デビュー。
結果は・・・練習場で打っている感覚とのあまりの違いに翻弄されまくりの散々な状況。。。
土曜日曜に二日連続でゴルフをやりましたが、特に初日は精神的にも体力的にも消耗しすぎて大変でした。
同年代の友人4人でのゴルフだったので、気を使う相手がいなかったことがせめてもの救い。

今回のゴルフ場で一番特徴的な眺めだったホール

↑(写真1)下のほうにグリーンがあって正面にホテル(?)の建物があるホール。この写真を撮ってる場所がティーグラウンド。この高低差が特徴的で面白い景観だったので記念に撮影。

ゴルフ好きの人というのは本当に驚くほどゴルフが大大大好きで、ゴルフの話になると目がキラキラと輝きだし、ゴルフ中はとっても楽しそうで生き生きとしていてさらに真剣。
正直、そんな風にゴルフにハマれるのかどうかはまだまったく見えず、自分の道具を買うかどうかすら躊躇している僕ですが、とりあえず今後の予定としては国内より海外旅行のネタのひとつとしてゴルフというのもアリなのかなと思っています。

とっても小綺麗な街アラバン

ところで今回行ったのはフィリピンのルソン島。ルソン島は首都マニラがある比較的大きな島です。
この島は2013年の夏頃に一人旅したばかりで、ルソン島北部のラオアグ、パオアイ、ビガン、バギオ、バナウエあたりを主にバスで巡る旅をしました。そのときの旅行記はかなり詳細にこのブログに書きました。

フィリピン・ルソン島北部の世界遺産を巡る旅

1年半後にまたルソン島に来るとは思いませんでしたが、今回はマニラの空港からちょっと南に行ったところにあるアラバンという街が拠点。
アラバンは小綺麗な街で、店やホテルも清潔で立派。いわゆる東南アジアっぽさはあまり感じられません。

タール火山に行きました

今回のゴルフ場はアラバンから少し南で、そこからさらに南のほうにタール火山という観光地があり、現地の友人にゴルフの後に連れて行ってもらいました。
湖の真ん中に小さな火山が顔を出している独特の景観。
湖を渡って山に登ることもできるようですが、時間の関係で今回は外から眺めるだけにしておきました。

タール火山が一望できる超絶景のレストランで食事

↑(写真2)湖のまわりは全然田舎という感じではなく店もたくさんあり、超絶景のレストランで食事。たまたま手前のテーブルに他のお客さんがいなくなった時に撮影した写真なので人が写ってないが、実際は人も車もたくさんで混んでいた。外にピント合わせてるので店内が暗く写ってますが、実際はこんな薄暗くないですよ。

今回はカメラを持たず、スマホでちょっと撮った写真しかないので文字ばっかりになっちゃいましたが、以上、ルソン島ゴルフ旅行記でした!

Pagetop