Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

長野市は中心部でも家賃が安いので気軽に二地域居住の拠点を持てた

2017.06.04

二地域居住を出来るだけ気軽にするために大事なのはランニングコストを抑えること。二地域居住のために必要なランニングコストとしてメインになるのは移動費や住居費になることと思います。
前回は東京から長野市までのバス代の安さについて書いたので、今回は家賃の安さを僕が知ってる範囲で紹介します。

この後ダラダラ説明していくつもりですが、とりあえず読むのが面倒くさい人向けに結論だけ先に書いちゃいます。
長野市の善光寺あたりまで徒歩圏内の1Rか1Kくらいのアパートは2万〜3万くらいで住めます。とても安いですよね!!
以下はもし暇だったら読んでください。

善光寺表参道から善光寺方面を見た景色

上の写真は善光寺表参道から善光寺方面を見た景色。

部屋探しした条件は

「おためしナガノ」期間中は長野県から無料で宿舎を貸してもらっていました。光熱費は自分で払う必要がありましたが家賃はタダ。しかしおためしナガノ期間終了後は自分で部屋を借りなくてはなりません。
そこで今年の2月、3月あたりに長野市の部屋探しをしてました。

僕が探した条件は以下の通り。

  • 善光寺を中心に、南側は長野駅、北と西側は山の手前くらいまでの円の中。
    仕事場として利用させてもらっているコワーキングスペースのCREEKSさんが善光寺の表参道にあるということや、高速バスが善光寺大門まで来るバスもあるということ。それと、何より善光寺周辺の街並みの雰囲気がとても好きなのでこのあたりで探すことにしました。
  • 間取りはワンルームまたは1Kで十分。
    僕の場合は長野に完全移住する気はもともと無く、横浜の家が家族と暮らすメインの住居。長野の家はあくまでサブ住居。そのため荷物はかなり少なく、ひとりで行くことのほうが多いのでワンルームとか1Kで十分です。
  • 家賃重視!
    上にも書いたように、「気軽に」二地域居住するためには後々負担に感じてくるような家賃は避けなくてはなりません。
    また、僕の場合は月に10日くらいしか住まないので、新しいところとか立派なところではなくて、家賃重視のリーズナブルな賃貸アパートでOKです。

善光寺の北側にある山

上の写真は善光寺の北側にある山。

この条件での家賃相場は

上記の条件で部屋を探してみたところ、だいたい1.5万〜2.5万くらいで住めそうでした。
横浜の自宅で駐車場を借りていたときは駐車場代だけで26000円くらいでした。笑
これより長野の家賃のほうが安い!!

探し方は基本的には普通にネットの物件検索サイトで見るだけです。
僕が見たときは確か1.5万くらいの物件が1つか2つくらいありましたが、これはさすがにシャワー無しとかの部屋でした。

2万くらいの物件も数は少ないですがちょっとだけありました。
ただ、場所がそれなりに遠い(一応徒歩圏内ではあるが30分かそれ以上)とか、建物がかなり古いとか、いくつか妥協できれば、という感じ。

3万くらい出せばもっと駅や善光寺に近い場所で部屋は見つかると思います。
いずれにしても歴史ある街並みなので新しい物件はそんなに多くはないですが、近くには信州大学もあって学生向けに安めのアパートもあります。

せっかく住むなら長野市ならではの雰囲気の中で

長野市と言ってもいろいろあって、駅の近くは店も多く便利ですが、善光寺のほうは店ははっきり言って少ないです。スーパーやコンビニもちょっとしかないので場所によっては不便。

ただし、善光寺のほうまで行くとやたら空気がおいしさを感じます!本当に毎日空気のおいしさを感じて癒されます。
夜は静かで山も見えるし、別荘に来てる感があって新鮮な気持ちで過ごせます。
そしてたまにお寺の鐘の音が遠くからゴ〜〜〜ンと聞こえてきて、これもなんだか癒されます。
個人的には、せっかく長野に部屋を借りるなら、駅前の便利さよりもこのような長野市ならではの雰囲気重視。

善光寺大門のバス停

上の写真は善光寺大門のバス停。新宿発でここまで来る高速バスもある。

家賃が安いから二地域居住した

というわけで僕は運よく気に入った物件を見つけてリーズナブルな家賃で善光寺よりも北のほうに部屋を借りました。
まあまあ遠いですがそれほど古い物件ではないので室内や水回りも綺麗です。

僕の場合、必ず住まなければならないわけではないので、住む→家賃ではなく、家賃→住むです。
つまり家賃が安くなかったら住まなかったと思います。例えばもし家賃が最安でも5万くらいだったら、月10日程度だったら安いホテルにでも泊まったほうが安く済むので。
なのでここまで安く部屋貸してくれて助かりました。大家さんありがとうございます!

Copyright © 2004-2017 Travelogue.

Pagetop