Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

1つのMySQLデータベースで複数のWordPressを使用する方法(簡単)

たまに質問を受けることがあるのでエントリーにしとこうと思うのですが、ひとつのMySQLデータベースで複数のWordPressを使用する件の話です。

WordPressを使うにはMySQLが必要

WordPressを設置するには、MySQLというデータベースなるものが必要になります。
このMySQLというのは、レンタルサーバーによって使えるかどうか最初から決まってることです。
つまりWordPressを設置することが分かっているのであれば、レンタルサーバーを選ぶ時点でMySQLが使えるかどうかを必須条件として検討することになります。

と言ってもこれはレアな機能でも何でもなく、格安サーバーでも使えるようになってることが多いです。
ただし、MySQLは1つまでとか、数に制限があることがほとんどです。
また、同じサーバーでもプランによって使えなかったりします。例えばさくらの場合は、ライトプランではMySQLは使えません。(2009年10月29日現在の情報)

WordPressについてたまに質問されること

前置きが長くなりましたが、冒頭に書いた「質問を受けることがある」の質問内容ですが、
「WordPressってサーバーに1つしか設置できないんでしょ?」
という質問です。
ちなみに「根拠は良く分からないけれど人から聞いた話」とのことです。

レンタルサーバーでMySQLデータベースの数が決まっているので、なんとなくその数がWordPressの数みたいに錯覚してしまうのかもしれません。
ですが、これは誤解です。MySQLは1つでも、複数のWordPressを設置できます。
テクニックでもカスタマイズでも何でもない普通のインストール手順ですが、その方法は以下の通りです。

1つのデータベースを複数のWordPressで使う手順

WordPressのインストール方法はオフィシャルのサイト(WordPress | 日本語)をご覧ください。
インストール手順の2で、「wp-config-sample.php」をテキストエディタで編集するとなってます。
このファイルの中に「WordPress データベーステーブルの接頭辞」という項目があります。

$table_prefix  = 'wp_';

これを

$table_prefix  = 'wp2_';

のように、WordPressごとに別々のものに変更します。

これで、ひとつのデータベース(MySQL)の中を、それぞれのWordPressごとに区切って使うことができるわけです。とても簡単ですね!

Pagetop