Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

WordPress管理画面でのHTMLタグ入力補助プラグイン。AddQuicktag

WordPress管理画面で本文入力時にHTMLタグ入力が楽になるプラグインを紹介します。
HTMLタグはもちろん普通に手で書いてもいいんですが、毎日のようにエントリーをアップしていて、毎回定型のタグ+classなどを入力する必要がある時などには意外と便利なプラグインです。

AddQuicktagのインストール

管理画面>プラグイン>新規追加ページを開き、「AddQuicktag」で検索、そのままインストール・有効化します。

AddQuicktagのインストール

設定も簡単

設定>AddQuicktagのページを開き設定します。
ここでやることは、毎回頻繁に使用する定型のHTMLタグを一発で追加できるボタンを、本文入力欄に追加することです。

AddQuicktagの設定画面

例として以下のように設定しました。
ボタン名が「box1」
開始タグが「<div class="box1">」
終了タグが「</div>」
このボタンを追加する場所は「投稿(post)」

シンプルで使いやすい

投稿の編集画面で実際に試してみましょう。
本文入力欄のタブを「テキスト」(以前は「HTML」タブでしたが、WordPress3.5から「テキスト」になったようですね。)にすると、「box1」というボタンが追加されています。
これを押すと、開始タグとして設定してある「<div class="box1">」が出てきます。

投稿の編集画面

便利なのが、最初は「box1」となっていたボタンが、一回押した後は「/box1」に変化していることです。つまり二回目に押したときは終了タグとして設定した「</div>」が出てきます。

「/box1」に変化している

おまけ。

ちなみに、本文を入力するときにいつもビジュアルエディターではなくHTML入力のタブでしか操作していない人もいると思います。
そんな場合はそもそもこのタブで切り替える機能をなくして、テキスト(HTML)タブのみにすることもできます。
管理画面>ユーザー>プロフィールを開きます。ここで「ビジュアルリッチエディターを使用しない」にチェックを入れる、ただこれだけです。

「ビジュアルリッチエディターを使用しない」にチェックを入れる
タブが無くなった
Pagetop