Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

ページングナビゲーション用WordPressプラグインの超定番。WP-PageNavi

WP-PageNaviはページングナビゲーションを表示するプラグインです。
WordPressの一覧画面で、設定数の記事ごとにページを区切って表示し、ページ送りのリンクを一覧の下あたりに表示するものです。(下の画像)
いまさら書くのもどうなんだろうというくらい超定番のプラグインですが(^_^;)、気にせずいまさら紹介します。

ページングナビゲーション

テンプレートファイルに直接コードを書いてこのプラグインと同じようにページングナビゲーションを表示する方法もあるのですが、WP-PageNaviを使えば初心者でもすぐ簡単に導入できますし、設定画面からは各文言の変更など細かな設定ができてとても使い勝手がよく、個人的にはページングナビゲーションはこのプラグインを使ったほうがいいかなと思っています。

WP-PageNaviのインストールと設定

インストールは通常通り、WordPress管理画面にログインし、左メニュー「プラグイン>新規追加」画面でと検索し、そのままインストール・有効化を行います。
プラグインのインストールに慣れてない方は以下を参考にしてください。

WP-PageNaviの設定

有効化すると、左メニュー「設定>PageNavi」の画面から設定ができるようになります。
設定画面は日本語なので分かりやすいです。
そのままでも特に問題ないと思いますが、必要であれば文言など変更できます。
ちなみに各種文言は、空欄にすれば表示されなくなります。個人的にはシンプルにしておきたいのでいつも「総ページ数用テキスト」とかは空欄にして非表示にしてしまってます。

WP-PageNaviの設定画面

あとは、テンプレートファイル(archive.php等)のナビゲーションを表示させたい場所に以下のコードを書きます。

<?php wp_pagenavi(); ?>

WP-PageNaviのスタイル変更

ちなみに、ナビゲーションの表示スタイルを変更したいときはそのためのプラグインがあります。これは別のエントリーで紹介する予定です。
例えば文字の大きさをちょっと大きくしたいとかであればCSSで指定すれば簡単です。
この場合は、プラグインに同梱されているCSSファイルを編集すると、プラグインのバージョンアップのときに元に戻ってしまう可能性があるので、自分のテーマファイル内のstyle.cssから定義すると良いでしょう。

プラグイン同梱CSSに書いてあるスタイル定義はとてもシンプルで、フォントサイズなどは何も指定されていません。
なので、文字を大きくしたいときは以下のような指定を自分のテーマ内のstyle.cssに書けばOKです。

.wp-pagenavi {
	font-size: 14px;
}
Pagetop