Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

WordPressの更新情報をTwitterに画像付きで自動投稿するプラグイン「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」

NextScripts: Social Networks Auto-PosterはWordPressの更新情報をTwitterやfacebookなどに自動的にアップしてくれるプラグインです。

これと似たようなプラグインは他にもあり、当サイトでも以前にTweet old post(現Revive Old Post)やSimple Tweetを紹介しましたが、今回紹介するNextScripts: Social Networks Auto-Posterの特筆すべき点はTwitterに投稿するときに画像も一緒に自動的にアップしてくれることです。
無料のプラグインでこれができるものは、今のところ僕は他に知りません。

Twitterのタイムライン上に画像も一緒に載せると、テキストだけの投稿に比べてとても目立つので、とりあえずユーザーの目にとまる確率は上がりそうですね。

さらに、新規のエントリーだけではなく、過去のエントリーも自動的に画像付きでTwitterに流すことが可能です。
普通のブログだとそこまでする必要がないことも多々あるとは思いますが、WordPressで運営しているサイトの種類によっては強烈に便利なプラグインになることでしょう。

NextScripts: Social Networks Auto-Posterのインストールと基本設定

インストールと基本的な設定方法は以下のサイト様の解説が詳しくて分かりやすいのでおすすめです。
Twitter、facebook側での作業もあるので普通のプラグインよりちょっと手間がかかりますが、下記サイト様の手順通りに進めれば初心者の方でも問題ないと思います。

Twitterに画像付きで投稿する

Twitterに画像も一緒にアップする場合は下の画像のように「Attach Image to Twitter Post」に忘れずにチェックを入れましょう。

Attach Image to Twitter Post

カスタムフィールドで指定した画像を使う

このプラグインは通常は記事ごとに指定されたアイキャッチ画像を使用します。
しかし、アイキャッチ画像という機能が登場する以前から運営しているWordPressサイトでは、カスタムフィールドでアイキャッチ的な役割となる画像を指定しているケースがあるのではないでしょうか。
そんな場合にもしっかり対応できて本当に素晴らしいプラグインです!

Settingタブを開き、下のほうにある「Alternative Featured Image location」で設定します。
Custom field nameにカスタムフィールドの名前を入力し、Custom field Image Prefixにカスタムフィールドまでのパス(アドレス)を入力します。

Auto Reposting

過去記事をTwitterに自動的に再投稿する

Advancedタブをクリックし「Auto Reposting」のセクションで設定します。
「Reost existing posts every – Days – Hours – Minutes」にチェックを入れて、既存記事を再投稿する間隔を設定。その下の項目も必要に応じて設定しておきます。

Alternative Featured Image location

なお、今回紹介している時点でのプラグインのバージョンは3.4.2ですが、「Auto Reposting」という見出しの横に以下のように書いてあります。

Please note: This feature is depreciated, no longer supported and will be replaced with something much better in the upcoming ver 3.5
この機能はもうサポートされない。今後リリースされるバージョン3.5でもっと良いものに置き換えられるだろう。

というわけですので、今後このプラグインをバージョンアップする際は覚えておいたほうがいいでしょう。

今回動作確認したバージョン:WordPress3.9.1、NextScripts: Social Networks Auto-Poster3.4.2

Pagetop