Travelogue(トラベローグ)

Travelogue

WordPress記事本文入力欄の基本的な使い方(初心者向け)

WordPressの記事編集画面(本文の編集欄)の入力方法を解説します。
ここにはたくさんのボタンがありますが、初心者の方にも分かりやすくするため、あえて全部を解説するのではなく、これだけは覚えておいてほしい使い方のみを説明します。

タブを確認する

本文を入力する欄には、「ビジュアル」と「テキスト」というタブがあります。
「テキスト」というのは、基本的にHTMLを直接入力したりする場合に使用するものですので、そうでない場合は「ビジュアル」というタブにして本文の入力・編集を行ってください。

タブを確認する

改行と段落分け

「ビジュアル」タブで入力中に、

  • shift + enterを押すと通常の改行になります。
    通常の改行というのは、同じ段落内で次の行に移動するという意味です。
  • enterのみを押せば段落が分かれます。
    段落が分かれるというのは、上の行と下の行の間に一行程度の余白があきます。(行間が広くなるようなイメージ)

この操作をご存知でない方が多い気がするのですが、とても重要なことなのでぜひ覚えておいていただければと思います。

改行と段落分け

太字にする

太字にする場合は、該当のテキストを選択した状態で、以下のボタンを押します。

太字にする

箇条書きにする

箇条書きにする場合は、該当のテキストを選択した状態で、以下のボタンを押します。
箇条書きのとき、enterのみを押すと箇条書き項目がわかれ、左に「・」が付きます。
shift + enterを押すと、箇条書き項目はわかれずに通常の改行になります。

箇条書きにする

フォーマットを変更する

普通に文章を書いているときは「段落」として書いている形ですが、このプルダウンからフォーマットを変更することで「見出し項目」を作ることができます。
見出し1が最も大きい見出し、見出し6が最も小さい見出しです。

フォーマットを変更する

段落の文章だけをずらずらと書いている記事はとても読みづらいです。
そのため、長文の場合は特に、見出しを入れながら文章を書くのがお勧めです。

なお、見出し1は、サイトのタイトル部分や、記事のタイトル部分で使っていることが多く、同じページ上で見出し1を複数使用することは、htmlの文法上好ましくありません。
記事の本文内では見出し2や見出し3あたりから使用したほうがよいケースが多いと思われますが、詳しくは使用中のWordPressテーマファイルによりますので確認が必要です。

文字色を変更する

文字色を変更するには、該当するテキストを選択した状態で、以下のボタンを押して色を決定します。

文字色を変更する
Pagetop